これを読んだらキャンプがしたくなるし、腹がへる

キャンプ流行ってますね。 だんだん温かくなってきたし、キャンプしたいです。 これを読んだらなおさらキャンプがしたくなるし、腹がへる。そんなマンガのご紹介です。 ふたりソロキャンプ(1) posted with ヨメレバ とにかくキャンプ飯がうまそうで、キャンプギアも詳しく説明してくれている作品です。こういう展開はないでしょうが、面白く読めます。 〇楽天ブックス 〇Amazon 〇7net ゆるキャ つづきを読む →

日本ミツバチを飼いたくて

春が近づいてきましたね。 毎年、春になると沢山の野花でいっぱいの馬島ですが…蜂がよく蜜を吸いにきています。 このよく見るこの蜂さんたちは何蜂なんでしょう? もし在来種の日本ミツバチだったら、飼ってみたい!でも、調べてみるとなかなか大変そう…。 重い腰が上がらなかったのですが、コロナの影響でキャンプ場の仕事が急がなくてよくなったので…作ってみました!巣箱。 とても詳しく飼い方や巣箱の作り方が載ってい つづきを読む →

生ダコから作るタコ飯&タコ刺し(タコの湯がき方)

ほそぼそとタコつぼ漁をやっています。 売るだけではなく、もちろん自分でも食べます。 最近、生ダコから作るタコ飯がおいしいと感じるのでその作り方をご紹介します。 生ダコから作るタコ飯 ①お米を研いで、昆布をのせる。 ②塩でぬめりをとった生ダコをぶつ切りにして、醤油と酒とショウガをいれてしばらく漬け込む。 ③鍋に野菜をいれ(今回はニンジンとシイタケ)②のタコを調味液ごといれる。 ④普通にいれる水分量よ つづきを読む →

鶏の自動給水器を作ったよ

海を渡って馬島まで連れてきた鶏ちゃんたち。 彼女たち(3羽とも雌鶏)の住環境を整えるためにいろいろと試しています。 まず、遊ぶスペースの網を2重にしました。馬島には猫が多く、かなりの頻度で狙いに来ている様子…。上の部分には木の枠をつけて開け閉めできるようにしました。 続いて、小屋の半分は網だけ張っていたのですが、ポリカで屋根をつけて雨よけと日陰を作りました。 屋根の開け閉めするところに取っ手をつけ つづきを読む →

チキントラクターを作って鶏を飼うまで

4歳になった娘が最近しきりに何かを飼おうといってくる。 うちにはもうメダカがいるのに…。 どうせ何かを飼うならこちらにもメリットがあるものがいいと僕は思う。 だったら、やっぱり鶏かな。卵はとれるし、フンは肥やしになるし、かわいいし…最後は食べれる! 飼うとなると、小屋がいる。 でも、できるだけ安く、簡単につくりたい。かつ、移動式で草も食べてもらえるような…。 そんな欲張りな要求にこたえてくれる小屋 つづきを読む →

我が家の新しいメンバー!

今年に入って、家族それぞれ落ち着いてきて 新しい仲間を迎えたい!という気持ちが高まっていました。 ニホンミツバチか・・・?ヤギか・・・・?それとも馬・・・・? それは・・・鶏さんです! メス3羽を分けてもらってきました。 はじめは、「ココドコダ?!!」みたいな感じで、連れて帰った段ボールから おそるおそる草の上へ。 でも結構すぐに草をついばみ始めました。 ハマダイコンの葉っぱも、細長い葉っぱも。 つづきを読む →

春のこどもキャンプのお知らせです。<定員になりました>

2015年からはじまった、うましまこどもキャンプがなんと次回で10回目となります。 1回目からずっと来てくれている女の子は4月から6年生になるのだなぁ! 月日の流れを感じます。 こどもキャンプはとても幅広いエリアから参加していただいています。東は広島、西は宇部・山陽小野田まで。過去には東京在住の方も。 いろんなエリアのお友達と遊ぶと視野がひろがるし、いつもの価値観がちょっとだけ変わるかもしれません つづきを読む →

森の学校 都市災害に備える防災サバイバルに行ってきました

先日に引き続き、サバイバル講習のレポートです。 今回は都市部で災害が起きた時に役立つサバイバルスキルの講習でした。 「人間これがないと死んでしまうものはどんなものがある?」というような質問があり、班になって考えました。僕の班は小3男子と中3男子の3人班でした。 まず、出てきたのは空気。そして、その次は水かな…?とか家かな~などと言って話し合いました。 正解は、まず「空気」。ないと3分しかもたない。 つづきを読む →

森の学校 サバイバル講習会に行ってきました

深坂自然の森で行われたサバイバル講習会に行ってきました。 講師はなんとあの川口拓さん。以前の記事でも紹介しましたが僕がブッシュクラフトの教科書として使わせていただいている本の著者です。 その方が山口県に来てサバイバルの技術を教えてくれるなんて…行くしかない! しかも、参加費は無料!!…すごすぎます。 受付を済ませて、講習の時間まで待ちます。 ここ深坂の森はとても充実した施設があり、料金もびっくりす つづきを読む →

漁師さん直伝 アジ刺身つくり方

新鮮なアジをいただきました。いろいろ捌き方があると思いますが、僕が漁師さんから教わった方法を紹介します。 とにかく手早くさばくのが美味しさの秘訣 まず、生きたアジをアギ折り(※首を折ること)して締めて、氷水で冷やしにかける。こうすることで、鮮度が保たれ、血が抜けて身が赤くならず、臭みもなくなる。 三枚におろす 首も落とさず、鱗も内臓もとらず、三枚におろすのがポイント 手早さが大事なのでどんどん三枚 つづきを読む →

第二回お庭キャンプは写真なし

先日、テントを頂きました。ogawaのでっかい前室つきのテントです。 ※現在は在庫ぎれの商品です せっかくだからキャンプ場に行って、試し張りしよう!ということになっていたのですが、我が家の車は日産のモコ…。 テントとテントマットを積んだらほぼスペースがありません。でも、行こうよ~とか言っていたのですが、暖房はどうする?とか、コッヘルはどうする?とか考えていると気づけば週末に…。 結局、お庭キャンプ つづきを読む →

第一回お庭キャンプしてみた(後編)

はじめてのお庭キャンプ。 最初はタープの試し張りのつもりだったのですが、せっかくなので、火を起こしてバーベキューをして、実際に眠ってみることにしました。 バーベキューの準備はしていなかったのですが、あるもので。基本的に焼くだけです。用意したメニューは、 ・手羽元のニンニク塩コショウ焼き ・玉ねぎと里芋のホイル焼き ・豚小間肉の焼き肉風 ・焼きおにぎり お庭キャンプのいいところは、自宅の冷蔵庫がすぐ つづきを読む →

第一回お庭キャンプやってみた(前編)

激安アウトドアギアを使って、実際にタープ泊してみました。 タープといっても シートですが…。 まずはなんとなく試し張り。 この張り方だと、床部分ができるので良いかなと思ったのですが、少し狭く感じます。 色々やってみて、下のような張り方に落ち着きました。 後ろはこんな感じ。 十分に1人が寝るスペースは確保できそう。 このまま、マットをしいて寝袋をひくと朝起きたらベシャベシャに濡れそうなので、良いもの つづきを読む →

厳選して選んだブッシュクラフトに必要なもの

誕生日プレゼントの予算でどれだけブッシュクラフト(ワイルドなキャンプ)に使える道具を揃えられるかやってみました。 予算は15000円! 基本的に高額なキャンプ用品、下手したら1点買うだけで予算オーバーなんてこともあり得ます。しかし、ここは自分ルールにのっとって1点1万円を超えるものは買いません。 むしろ、15000円で山でも森でも海でも、庭でもキャンプできちゃうように厳選したいと思います。 まずは つづきを読む →

いま持っているアウトドアギア

僕がいま持っているキャンプに使えそうなものを紹介します。 ここはかっこよくアウトドアギアと言わせてください。 もともと使っていた物やもらった物などがほどんどです。 ①鋼典 竹割鉈 165mm C-12 竹でなにか作ろうと思って5年くらい前にホームセンターで買ったナタ。竹や薪を割ったりするのに使えそう。 竹で食器を作ったりするのも楽しいでしょうね。 ②シルキー ポケットボーイ 万能目 本体 ケースな つづきを読む →