はじめての島ぐらし

都会を離れ瀬戸内の小さな島で暮らしはじめた夫婦のブログ

田舎暮らし

生まれて初めて作った小麦粉ができたよ☆

投稿日:

馬島には田んぼがありません。
しばらく前までは作っていたらしいのですが、水や高齢化の問題もあり今は作っている方がいません。

主食となる食糧が自分の手で作れたら…無敵!最高っ!米が難しいなら欧米の主食となる小麦は作れないものだろうか…

そんな思いもあって去年の10月、小麦の種を蒔きました。

品種はインターネットで見つけた農林61号という品種。粉にすると中力粉になるそうです。

開墾した畑でスクスクと育ってくれました。

冬には麦踏みをしました。より強くたくましく育ってくれました。

梅雨が始まりそうな6月。やっと収穫の時を迎えました。

鎌で刈り取り、藁をつかって束ね、はぜ干しをします。
image

image

しっかり乾燥したら、足踏み脱穀機をつかって脱穀。
image

とても時間がかかる作業でした。麦のトゲや粉で体中かゆくなったり、くしゃみが止まらなくなったりしました。
image
努力の結晶です。
そして、こっからも長かった。
この脱穀した麦に混じったゴミを網と風の力でより分けます。
image

島の方から借りた網。
image

唐箕がないので扇風機でゴミを飛ばしました。鼻水と目のかゆみで半泣きです。

やっとのことで約120キロの玄麦ができました。

しかし…ここで問題が…。
粉にしてくれるところがない!

昔は少量でも製粉してくれるところがあったらしいのですが、いろんな人に聞いても思い当たらないと言われて大ショック!

野菜と違って穀物は色々とハードルが高いのだと感じました。

継続していろんな人に聞いていると、ありがたい情報が!おうちえんの大下さんが少量でも製粉してくれるところを知っているというのです。

島からはけっこう遠い周南市の須々万という場所ですが、そこに持って行くことにしました。

持って行ったのは9月。米の時期と重なるから遅くなるよと言われていました。楽しみに待つこと3ヶ月。やっとのことでマイ小麦が出来ました!
image

こんな感じで袋詰めして売ってみました。
image

少しだけ売れました。少しだけ…。
無農薬、無科学肥料、無肥料の安心安全な小麦粉(中力粉)です。

クッキーやパウンドケーキを作ってみましたが、激ウマでした。

image

1キロ400円でお分けすることもできます。(送料別)
うましまCOLORのフェイスブックページよりメッセージください。

美味しい&愛しい小麦ですが、時間と手間を考慮すると来年は作らないと思います。なので、ある意味貴重な小麦粉となっております。

穀物って本当にありがたくって、大切なものなんだとしみじみ感じることができました。

300×250レクタングル(中)

300×250レクタングル(中)

-田舎暮らし
-

執筆者:

関連記事

DIYでロケットストーブを作る 2

DIYでロケットストーブを作る。 前回の続きです。ペール缶に穴をあけるための準備とケガキが終わりました。 今回はペール缶に穴をあけたり、金切ばさみでペール缶を切ったりしていきます。   ペー …

昔ながらの知恵がつまった伝承農法に興味あり。

春になって、畑にいることが多くなりました。 もぐモグの玉ねぎやジャガイモの草取り。 トマトやキュウリの苗をうえたり。 島の方から、里芋の種イモを分けてもらって植えたり。 いつも真面目に畑に取り組んでい …

春よ来い!天ぷらだけじゃない絶品ふきのとうレシピはコレだ!

3月になり、なんとなく春の気配を感じる今日この頃。 お散歩をしていると見つけましたよ、ふきのとう!!!! 可愛らしく健気に芽を出していました。 少しだけ摘ませてもらい家に持って帰りました。 この色です …

野良生えじゃがいもと間引き菜のおいしい昼飯。

冬の畑ってすこし寂しい。茶色いし。 でもよーく見ると、あ!! ありました!野良生えのじゃがいも! おそらくは前回のもぐモグのときに掘り忘れたじゃがいもがそのまま残っていたのでしょう。 いちおう掘ってみ …

島の船長直伝!サワラの酢じめレシピ

この季節、脂がのって美味しいのがサワラです。 島の船長さんに教えてもらった簡単かつ激ウマなレシピをご紹介します! ※今回のレシピではサワラより小さいサゴシを使っています。 1.サワラを三枚におろす ウ …



最新情報をツイートしてます。

アーカイブ