生ダコから作るタコ飯&タコ刺し(タコの湯がき方)

ほそぼそとタコつぼ漁をやっています。

売るだけではなく、もちろん自分でも食べます。

最近、生ダコから作るタコ飯がおいしいと感じるのでその作り方をご紹介します。

生ダコから作るタコ飯

①お米を研いで、昆布をのせる。

②塩でぬめりをとった生ダコをぶつ切りにして、醤油と酒とショウガをいれてしばらく漬け込む。

③鍋に野菜をいれ(今回はニンジンとシイタケ)②のタコを調味液ごといれる。

④普通にいれる水分量よりきもち少なめに水を足す。今回はタコ刺し用のタコのゆで汁があったのでそれを入れました。うまみアップ!

⑤普通に炊く。

タコのゆで方

タコのゆで方は本当にたくさんのやり方があるようで…

今回はノーマルなかんじでやりました。

①塩でぬめりをとる。(やりすぎると身が固くなるのでほどほどに) 今回は生ダコですが、解凍したタコは塩を使わずとも、水洗いでぬめりが落とせます。

②鍋にたっぷりの湯を沸かして、色味と香りづけに醤油と酒を少々いれる。

③タコを足から投入。足がきれいに丸まるようにチャプチャプしながら。

④再沸騰したら2分、ひっくり返して2分。火を止め5分ほど蒸らす。

⑤ザルにあげるて冷ます。このとき触ると皮が剥げてしまうので注意。

冷めたら切って、皿に盛る。

できあがり。

はっきり言って、うまい!!

ゆで方は、今後いろんなバージョンで検証してみたいと思います。