うましまの人口が1人増えました☆

私事で大変恐縮ですが、ご報告させていただきます。 無事に赤ちゃんが生まれてきてくれました。母子ともに健康です。平成28年の2月8日に生まれた女の子です。 いまは退院をして馬島へ帰ってきました。馬島では44年ぶりの赤ちゃんだそうです。平均年齢下がりました☆ 報告が遅くなってしまいましたが、11日の中国新聞に記事を載せていただきました。「県内の任期の終了近い地域おこし協力隊8人全員定住へ」と言う明るい つづきを読む →

もぐモグ×農多コラボ企画第2弾!!参加者募集を開始します。

もぐモグ×農多コラボ企画第2弾!!参加者募集を開始します。 第2弾は「古民家で作るとうふづくり」です。 みなさんお豆腐の作り方ってしっていますか? 今回のもぐモグでは農多さんの協力を得て大豆から本物の「おとうふ」を作ります☆ 農多さんの作った安心安全な大豆と馬島近海のきれいな海水を使って作った「にがり」を使ってみんなで作ります♪ 今では使われていない昔の道具も使いますよ~。 メニューは「羽釜で炊い つづきを読む →

中学校で講演をしてきました。

田布施中学校から『志講演会』という新たな試みが行われました。 進路を決める大切な時期にある中学2年生を対象に、いろんな職種の大人が自分の歩んできた道について講演をするという内容です。 中学校の先生から協力のお願いがあり、僕も『田布施町地域おこし協会隊』の立場から中学2年生にむけて話をすることになりました。 講演なんて大層なこととても出来ない!という気持ちもありましたが、少しでも僕の話が中学生の心に つづきを読む →

d 47 museumで開催中の 企画展、食の活動プロジェクトの書籍が出来ました

現在ヒカリエ8F d 47 museumで開催中の 企画展、食の活動プロジェクトの図録を送っていただきました!!\(^o^)/ ほかの46都道府県からの出展者さんのページも気になりつつ やはり 真っ先に山口県のページを開きました🎵 ぬぉぉおお! 本に掲載されるだなんて。 あらためて夢のよう。です。   こちらの書籍は d47 museumや D&DEPARTMEN つづきを読む →

子育てカフェの話し合いに参加してきました。

「田布施地域おこし協力隊」のえりか隊員の書いたブログの転載です↓↓ この度、田布施町が「子育てカフェ」(親子で気軽に集える場)について 子育て中の皆さんと話し合いをするということで参加してまいりました。 私は、 子どもと関わるテーマパークでの仕事のなかで 声かけによる子どもの変化から 子どもの保育に興味を持ちました。 独学で保育士の資格を取得したり、 シュタイナー教育の本を読んだり、自然保育の研修 つづきを読む →

オーダーメイドな暮らしツアー開催!交通費補助あり☆

2016年の暮らしツアーの告知です! 田布施ってどんな町?を知ってもらうために。 田舎暮らしを検討している方々にむけて、暮らしツアーを開催します。 2回に分けて、オーダーメイドなツアーを組んじゃいます! ご相談者さんの興味のある内容に合わせて練らせていただきます。 ・・・いつかは田舎暮らし・・・OO歳までに移住・・・ タイミングは人それぞれだと思います。 ですが、少し動き出すと、ひとつの動きが波紋 つづきを読む →

豆茶の初売りを地元のパン屋さんでさせてもらいました!

僕たち夫婦が惚れ込んだ地元のお茶「豆茶」。 昨年から作り始め今年も新茶が出来ました。 豆茶とは? エビスグサという植物の種をほうろく鍋で焙煎したほんのり甘い味わいのお茶です。 ノンカフェインで子どもさんや妊婦さんにも安心して飲んでいただけます。 ハブ茶やケツメイシという言い方もあり、目や肝臓に優しいそうです。   新年!ということもあり地元のパン屋さんである「美味しいパンの店yamagu つづきを読む →

自分で育てた小麦で年越しうどんを食らう。明けましておめでとうございます☆

先日の記事でも紹介しましたが、自分で育てた小麦粉がたくさんあるので年越しそばならぬ、年越しうどんを作りました☆思ったより簡単に作れたのでご紹介しますね。 準備するもの(10人前) ・中力粉…1キロ ・水…450ml ・塩…50g 作り方 1、塩水を作る。塩が溶けにくい場合は密閉容器に入れてシェイクしたり、ぬるま湯を使うと溶けます。 2、中力粉の入った鍋に塩水を何回かに分けて入れ混ぜる。 ソボロ状に つづきを読む →

生まれて初めて作った小麦粉ができたよ☆

馬島には田んぼがありません。 しばらく前までは作っていたらしいのですが、水や高齢化の問題もあり今は作っている方がいません。 主食となる食糧が自分の手で作れたら…無敵!最高っ!米が難しいなら欧米の主食となる小麦は作れないものだろうか… そんな思いもあって去年の10月、小麦の種を蒔きました。 品種はインターネットで見つけた農林61号という品種。粉にすると中力粉になるそうです。 開墾した畑でスクスクと育 つづきを読む →

3つのアクション in Tokyo☆

その1☆ 渋谷ヒカリエ8F d47 museumにて 開催中の食の活動プロジェクト 「香ばしい豆茶」を扱ってもらっています。 ご担当者の方にはお会いできなかったのですが、スタッフの方とお話できました!地域おこしの活動のことや馬島のこと。 レビューを書いてくださったスタッフの方が、妊娠中にご愛飲いただいてたとのことで、とても嬉しく思いました。 会期は2月21日までです。 ほかの46都道府県の出展者さ つづきを読む →

募集!4月からの地域おこし協力隊!in田布施

こんにちは! ・全国の地域おこし協力隊に興味のある皆さん、 ・田舎でがんばりたいみなさん、 ・Uターンを考えている山口県出身のみなさん ・広島や福岡出身で瀬戸内海沿いに住みたいJターンのみなさん ・地産地消のものを食べたりお日様とともに人間らしい暮らしに  シフトチェンジしたいみなさん! ・農業をしたいけど経験もコネもない 田布施町の地域おこし協力隊になりませんか? 田布施町てどこ? 山口県東部に つづきを読む →

田布施に椎名誠さんが来ましたよ。講演会レポート!

先日、田布施で行われた「椎名誠講演会~風景がおしえてくれたこと~」に行ってきました。 なぜ田布施に椎名さんが!?と思われる方も多いと思いますが、NPO法人「田布施町まるごと公園化プロジェクト」の田川一郎さんがたちが企画したそうです。田川さんは田布施出身のTVプロデューサー。数々のドキュメンタリー番組を手がけており、楼蘭を取材する番組に椎名さんが出演した過去があるそうです。 会場は超満員!370名の つづきを読む →

島のおばあちゃんの靴下再利用法☆

お気に入りの靴下に穴があいちゃった…でも捨てるのはもったいない。 島のおばあちゃんに教えてもらった簡単☆靴下再利用法をご紹介します。 これがあれば寒い日の外作業でもへっちゃら。島の漁師さんに教えてもらいました♪ 汚れも気にせずガシガシ使うことができますよ。 1.まずはお洗濯 穴の開いてしまったお気に入りの靴下。捨てずにまずは洗ってください。 夕方には乾いてきれいになりました。 2.次にハサミで切っ つづきを読む →

もし、もしお刺身が余ったら…こんな方法がある!!

いままでの生活でお刺身があまるなんてことはなかったのですが… さすがの島暮らしです。魚をいただくことや余ったお刺身をいただくことが多々あります。 もちろんさっきまで泳いでいたような魚のお刺身をいただくので、「お刺身」でいただくのが当たり前なのですが… もし、残った場合の方法をご紹介します。お正月シーズンなんかは活用できるのではないでしょうか。 方法①漬け丼 余ったお刺身をジップロックに入れ、醤油、 つづきを読む →