DIYでロケットストーブを作る 3

憧れのロケットストーブを作る。 今回で最終回となります。 ここでおさらい ロケットストーブはペール缶が2つ重なったような形状をしています。 地面に接している方のペール缶をペール缶(A)、重ねてある方のペール缶をペール缶(B)とします。 仮に組んでみる ペール缶(A)に煙突を差し込んでいきます。 あ~なんとなく形が見えて来ました!!嬉しい!! その上にベール缶(B)をかぶせます。かっこいい!! 差し つづきを読む →

DIYでロケットストーブを作る 2

DIYでロケットストーブを作る。 前回の続きです。ペール缶に穴をあけるための準備とケガキが終わりました。 今回はペール缶に穴をあけたり、金切ばさみでペール缶を切ったりしていきます。   ペール缶に穴をあける まずはキリで真ん中部分に穴をあけます。 そして、その穴をとっかかりにして金切ばさみで放射状に切り込みを入れていきます。 ※金切ばさみを使う時は必ず軍手か皮手袋をしてください。危険です つづきを読む →

DIYでロケットストーブを作る 1

田舎ぐらしをはじめてからずーっと憧れていたロケットストーブ。 ざっと考えただけでもたくさんのメリットがあると思う。 野外の煮炊きに便利 効率よく熱エネルギーを取り出すので燃料が少なくて済む 災害時にも活躍 石焼き芋も作れる なんかカッコいい これを自分で作ってみたくっていろいろと調べてみた。 必要なもの ペール缶(ガソリンスタンドでもらってきた)2つ T字型(120ミリ)1つ エビ型(120ミリ) つづきを読む →