秋の夜長に干物を肴にニヤニヤする

島に暮らし始めて移ろう季節を肌と舌で感じるようになりました。 季節によって風向きや太陽の登り方、夕日の落ちる位置が変わってくるんですね。あまり意識してこなかったけれど、おもしろいものですね。 海に囲まれて生活していると嬉しいおすそ分けが度々あります。 今の季節、イワシを追ってカマスが網にかかります。今日はそのカマスを使って干物を作りました。 作り方はいたって簡単。いろいろな作り方があるようですが、 つづきを読む →

びわの種は捨てない!おいしい杏仁風プリンで楽しもう。

ビワの実をおいしく食べた後、種を捨てずにとっておくと、とってもおいしい杏仁豆腐風のプリンが作れます! とっても簡単な作り方を紹介します!! 材料 ・ビワの種:4~5粒 ・牛乳:500ml ・砂糖:大さじ2杯 ・ゼラチン:5~7g   1・食べた後の種をきれいに洗って、乾かしておきます。 2・茶色い皮をむきます。すると緑色の中身がでてきます。 3・これをミルやミキサー、すり鉢などで粉々にし つづきを読む →

おいしいぬか漬けを自分で作る!ぬか床デビューしました。

ご飯、味噌汁、ぬか漬けで始める朝。 憧れます。ずっと憧れていました。 そして、いまその憧れが現実に!!ぬか床デビューしました!! これがマイぬか床です!! 混ぜやすいようタッパーに入っています。フタを開けるとぬかの良い香りがします☆ このぬか床、実は我流ではなくプロに教えてもらったレシピなんです。 山口県は岩国にある漬物会社「うまもん」。ここの漬物ファンの県民は多くいると思います。 自然発酵、無添 つづきを読む →

簡単でおいしい☆夏にピッタリな酵素ジュースの作り方

昨年、もらった梅で酵素ジュースを作ってみたらおいしかったので今年も作ってみました。 梅の酸味が爽やかで夏にピッタリのジュースです。疲れた時に飲んだり、夏バテっぽい時に飲むと効く感じがします。 準備するもの ・梅…3キロ ・白砂糖…3.3キロ ※精製された砂糖が気になる方はスズラン印 上白糖 (てんさい糖) 1kg 【北海道産ビート100%】がおすすめ ・大きな容器 我が家はこれを使用→パール金属 つづきを読む →

ドラム缶のピザ釜を改良して食らう!

ドラム缶でビザ釜を作って食らう!という記事で紹介したビザ釜ですが、わりと反響がありました。 やはりアウトドア好きや、田舎暮らしをする人にとってピザ釜というのはとても魅力的なのですね。 しかし、今回紹介するのはより洗練された改良型です! 前回と大きく違うのは燃焼部と加熱部の部屋を分け、煙が直接ビザに当たらないようにした点です。 イメージしやすいようにまず、完成図をご覧ください。 一つのドラム缶の底の つづきを読む →

たくわんが漬かりました!

先日、島のおばあちゃんに教えてもらったたくわん漬け。 どんな風になっているか気になっていたので出してみました! うっすらウコンの黄色がついて、たくわんらしくなっています!! 香りも漬物のにおいがします♪ さっそくよく洗ってスライスしてみました。 見た目はちゃんとたくわんになっています。 白ご飯をよそってさっそく口に運びます。 「ぱりっこりっ」としっかりとした歯ごたえ!ご飯によくあいます。 塩がきい つづきを読む →

春の味覚!!タラの芽って食べたことある?

こんにちは!春ですね。 島暮らしをしていると鳥の鳴き声で目が覚めるということが本当にあります。 しかし、「春眠暁を覚えず」とはよく言ったもので、目が覚めるとけっこういい時間になっていたりして…あせります。(汗) 春になると花が咲いて鳥が歌って、とっても気持ちがいいのですが、草たちも目を覚まし始めます。 島にある山の遊歩道の整備のために草刈り機を持って山にあがりました。   そこで見つけた つづきを読む →

ちょっと時期が遅いんですけど、たくわん漬けを教わりました

和食いいですよね。ヘルシーで繊細で。 しかし、たっくさんのレシピや調理法があってものすごい複雑化しているような気もします。 結局のところ…ごはんとたくわんと汁があれば事足りる。 なんとなくそんな気がしています。 うちには見栄えがよくない大根がたくさんあって、切り干し大根にしたり、おでんにしたりしたのですがまだある。もったいない。 そんなことを話していたら近所のおばあちゃんに教えていただくことになり つづきを読む →

春よ来い!天ぷらだけじゃない絶品ふきのとうレシピはコレだ!

3月になり、なんとなく春の気配を感じる今日この頃。 お散歩をしていると見つけましたよ、ふきのとう!!!! 可愛らしく健気に芽を出していました。 少しだけ摘ませてもらい家に持って帰りました。 この色ですよ。新緑を感じる色です。 ふきのとう料理は天ぷらが鉄板ですが今日ご紹介するのは、 ほろ苦い春の味覚がつまったパスタのレシピです。 ふきのとうとじゃこのペペロンチーノ 材料(2人分) ・にんにく(薄切り つづきを読む →

家庭的な僕が切り干し大根を作る。

畑がへたくそな僕ですが、去年作ったもので唯一豊作だったのが大根です。 一番出来のいい大根から種を採り、去年の秋に植えました。 すると、今年もわっさわっさできました!嬉しい!!! でも… あれっ?? 形が斬新なことになっとる!! ひげ根の部分が全然ひげじゃない!たくましすぎる。 1本だけかと思いきや、あれもこれも「太ひげ大根」でガックシ。 島のおばあちゃんの情報によると、「先祖がえりしたのでは?」と つづきを読む →

炭焼き職人に俺はなる!なんちゃって。間伐材で作る檜炭の魅力。

田舎暮らしをする人にとって「炭」って本当に使える存在なんです。 火鉢で暖をとったり、バーベキューに使ったり、七輪でサンマを焼いたり、さらには脱臭に使ったり、水の不純物をとるのに使ったりとその用途は様々です。 そんな使える「炭」をこの手で作りたい!そう思うことはありましたが、なかなかハードルが高いのでなかばあきらめていました。 しかし、この度 縁あって炭焼きを体験できることとなりましたのでリポートし つづきを読む →

まさか!?ボラがうまいだとッ!??

いままでボラのことをほどんど知らなかった僕が言うのは失礼かと思うが、 多くの人はボラと聞いてまずいい顔はしない、らしい。 くさい、まずいなどと言われ釣り人に釣られても「なんだぁボラかぁ」と言って海にまた放り出されるような存在、らしい。 しかし、馬島近辺で獲れたボラは特別に美味しいのですよ!!本当に!!! 特に寒い時期に獲れるボラは「寒ボラ」と言われ脂がのっていてそれはそれは美味しい。 身は歯ごたえ つづきを読む →

田舎暮らしに興味のある人必見!?僕がおススメする田舎関連本3選。

田舎に住むようになってはや2年。早いものです。 東京にいるときは自然豊かな土地で暮らすことを夢見ていろんな本を読んでいました。 そんな僕がおススメする田舎関連本をご紹介します。 まずおススメしたいのが、こちら。 僕が池袋の飲み屋に通っていたころ面白いBarがあると聞いて訪れた「たまにはTHUKIでも眺めましょ」というOrganic Bar。 小さな落ち着ける店内で、出される食べ物や飲み物は顔の見え つづきを読む →

ドラム缶でピザ窯をつくって食らう!

アウトドア好きや、田舎暮らしを愛する人にとって、石窯パンや石窯ピッツァに対する憧れや情熱は普通の人より多いように感じます。僕も例外ではありません。作りたいな〜。食べたいな〜と思ってインターネット検索する日々。 すると、 「ドラム缶でピザ窯ができる」らしい。 おおっ!これは!と思いました。普通、ピザ窯は基礎をしっかりつくって耐火煉瓦や耐火コンクリートを使って作るため、予算的に高くつくうえ、持ち運びが つづきを読む →

DIYでロケットストーブを作る 3

憧れのロケットストーブを作る。 今回で最終回となります。 ここでおさらい ロケットストーブはペール缶が2つ重なったような形状をしています。 地面に接している方のペール缶をペール缶(A)、重ねてある方のペール缶をペール缶(B)とします。 仮に組んでみる ペール缶(A)に煙突を差し込んでいきます。 あ~なんとなく形が見えて来ました!!嬉しい!! その上にベール缶(B)をかぶせます。かっこいい!! 差し つづきを読む →