自ら課した厳しいルール

現在、キャンプには多種多様な楽しみ方があります。

1.家族や友人とバーベキューなどを楽しむキャンプ…キャンプといえばこれ

2.登山やツーリングに伴うキャンプ…キャンプ以外に目的があるパターン

3.自然の中で豪華にすごすグランピング…最近流行りのラグジュアリーなやつ

いろいろな楽しみ方がありますが、自分が目指したいのはこんなイメージ。

ブッシュクラフトのイラスト

よりワイルドなキャンプを楽しみたいのです。

お庭でですが…。

お庭でワイルドなキャンプをするにあたって、さらに厳しい自分ルールを設けようと思います。それでこそ猛者への道!

自ら課した厳しいルール

  • 高額なキャンプ用品は買わない

  具体的にいうと1点1万円以上するものには手を出さない…というか出せない。

  • かっこよさを追求する

  正直お金をかければかけるほど、かっこいい感じになると思うのですが、お金をかけずして、インスタ映えするようなキャンプをしたいと思います。野営的なかっこよさです。

  • あるものを生かす

  そこらへんの木の棒でもいいですし、もらいもの。使わなくなったもの。そんなものを生かしてやっていきます。

  • お庭だからといって家に帰らない

  お庭キャンパーは家で寝ちゃだめです。(キャンプする時に限る)

  • 何を言われようがお庭キャンプが流行っていると言い張る←これ大事

  周りの目を気にせず堂々とやることが一番のポイントといえるでしょう

自分でこんなにハードルをあげて大丈夫かな…と思いつつも、猛者への道筋が出来上がりましたね。

楽しみです!!