はじめての島ぐらし

都会を離れ瀬戸内の小さな島で暮らしはじめた夫婦のブログ

男の料理

瀬戸内シーフードを使った男の!パエリアレシピ☆

投稿日:2017-03-20 更新日:

魚介を使った海外の料理を作れるようになりたいと思う今日この頃。

簡単かつ美味しいレシピを探しています。

今日はせっかくなので瀬戸内産の魚介を使い、フライパンでパエリアを作りたいと思います。

初めて作るので良し悪しは分かりませんが、このようにして作ってみました↓

①あさりの砂抜きをする。

田布施地域交流館で買った馬島あさりは手掘りなので砂抜き不要。

(市販のあさりの場合はしっかり砂抜きしてください)

イカとエビも購入したので、ざっと洗う。

②お米をあらってザルに置いておきます。(米をあらわないレシピも多数ありました)

③にんにく、玉ねぎ、トマトを切っておきます。

④フライパンにオリーブオイルをたらし、にんにく、玉ねぎ、あさり、エビ、イカを炒めます。炒め終わったら別の皿にいったん移します。

⑤米とトマトを炒めます。米が透明ぽくなるまで炒めます。

色をつけるのに、ウコンの粉末をいれます。(なければカレー粉で代用)

⑥さきほど炒めた魚介からでたスープと水、ブイヨンを加え沸騰するまで熱します。

⑦沸騰したらフタをして15分程度加熱します。

水分が無くなってきたら火を止めて10分ほど蒸らします。

⑧魚介をのせて飾ったら完成!!

作ってみた感想としては工程が長い。

もっと簡単に作りたいと思いました。

味は魚介のうまみがよく出て申し分ない感じでした。

あと、サフランを買おうと思ったら少量でめちゃくちゃ高いのに驚きました。

サフランパウダー 1g1グラムで690円です。高い。

300×250レクタングル(中)

300×250レクタングル(中)

-男の料理
-,

執筆者:

関連記事

【保存食】茎ワカメの佃煮はごはんによく合います

前回、塩蔵ワカメを作ったとき、実は茎ワカメの部分だけは別にしておきました。 なぜかというと!茎ワカメの佃煮が美味しいからです。これも濃いめに作ればけっこう日持ちする保存食になりますよ。 作り方は、 1 …

タラの芽を食べて春を感じたい

春になると食べられるものがたくさん出てきて嬉しいです。 今シーズンに入って食べた春の食べ物は、 まず、つくし! 天ぷらと佃煮をいただきました。 そして、菜の花! 「菜の花」って大根でも、白菜でも、青梗 …

5分で作る。中国家庭料理の味!

島で暮らすようになってはじめた家庭菜園。 夏はキャンプ場の仕事が忙しくほとんど手を付けられずにいたら軽くジャングルになっていました(笑) 植えた野菜は全滅かと思いきや、ジャングルをかきわけ探していると …

ボラの季節がやってきた

以前の記事でも紹介したこの季節にめちゃくちゃ旨い寒ボラをいただきました。 初物なのでお刺身にしました。 ジャン! 一人前がこの量です。二人分はこんな感じ。 さらにアラを使って潮汁を作ります。 血合いを …

もし、もしお刺身が余ったら…こんな方法がある!!

いままでの生活でお刺身があまるなんてことはなかったのですが… さすがの島暮らしです。魚をいただくことや余ったお刺身をいただくことが多々あります。 もちろんさっきまで泳いでいたような魚のお刺身をいただく …



最新情報をツイートしてます。

アーカイブ