里山資本主義の藻谷さんの話を聞いてきました。

昨日は「環境保全型農業フォーラム」がありました。
image

百姓木村さんにお声掛けいただき、田布施町地域おこし協力隊のパネル展示などをさせていただきました。

image

新鮮田布施のパネル展示もしました!

image

午前中は大ホールにて、長門市油谷に住み塩づくりをされている「百姓庵」の井上さんのお話や、周防大島に住み島のムラマルシェの仕掛け人である「浜本農園」さんのお話を聞きました。

image

そして、午後には「里山資本主義 」の藻谷さんのお話を聞くことができました。
多くの人がなんとなくイメージで「こうだろう。」と思っていることは意外と事実と反している。
(日本の殺人事件の件数はテレビなどを見るとどんどん増えているような気がするが事実はずっと減少している)

データに基づいて様々な話をしてくれました。一般の人がその気になれば調べられるようなデータばかりなのに、多くの人は調べることはせず、なんとなくのイメージで生きているということがよく分かりました。

数字で表される事実や予測は直視しにくかったり、考えたくないような暗いものばかりですが、そこからちゃんと考えないと始まらないと感じました。

藻谷さん自身も山口県の徳山の方で、方言まる出しで、歯に布着せないお話をされるのはとても面白かったです。

そんな藻谷さんの新しい著作もあるようなのでぜひ、チェックしたいと思います!

タイトルがおもしろそう。

こちらもぜひ読んでみたいです。

代表作品の里山資本主義はこちらです。