はじめての島ぐらし

都会を離れ瀬戸内の小さな島で暮らしはじめた夫婦のブログ

日々のあれこれ 田舎暮らし

ちょっと時期が遅いんですけど、たくわん漬けを教わりました

投稿日:

和食いいですよね。ヘルシーで繊細で。

しかし、たっくさんのレシピや調理法があってものすごい複雑化しているような気もします。

結局のところ…ごはんたくわんがあれば事足りる。

なんとなくそんな気がしています。

うちには見栄えがよくない大根がたくさんあって、切り干し大根にしたり、おでんにしたりしたのですがまだある。もったいない。

そんなことを話していたら近所のおばあちゃんに教えていただくことになりました。

用意したもの

takuwan

 

・ぬか…適量

・塩…1袋の半分

・砂糖…ちょっと

・とうがらし…適量

・計り…結局使わず

・干して「への字」に曲がる大根…たくさん

・たくわんをつける容器…大きめの物

※参考にならない分量ですみません

なんとなく準備しておいたらよさそうな物を机に置いておいて、おばあちゃんの到着を待ちました。

おばあちゃんは2人で来てくれました。

さっそくたくわん漬けスタートです。

1・ボールにぬか、塩、砂糖、鷹の爪を入れてよく混ぜる。

分量は適当だそうです。←これが難しい。

いただいたウコンの粉末があるのを思い出しそれもボールの中へ投入。黄色い色を出すそうです。

 

IMG_5496

2・大きめの容器に葉っぱを切り離した大根を敷き詰める。(干しているのでぐにゃりと曲がり容器に収まる)

なるべく隙間が無いように。

3・敷き詰めた大根の上に先ほど塩や鷹の爪を入れて混ぜたぬかを入れます。

4・ぬかの上に大根の葉を敷き詰めます。みかんの皮を干したものも投入。(香りが良くなる?)

IMG_5497

IMG_5498

5・重しを載せて完成です!重めの重しを載せて水が上まで上がってきたら重しを軽くするそうです。

あれよあれよ、と言ううちに作業が進んでしまってなんだかこれでいいのかよく分からないのですが、出来ました。

ベテランに教えてもらう場合、感覚的に理解しないと間に合わない…。

 

たくわんが漬かったら、また報告します!!!

 

一汁一菜―夫婦ふたりの健康ご飯

300×250レクタングル(中)

300×250レクタングル(中)

-日々のあれこれ, 田舎暮らし
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ムカデに刺されたら…こうする!

やられました。すごく久しぶりに…。 忘れていました。ムカデに刺されるとすごーーく痛いのを。 もぐモグに向けて草ボーボーの畑を整備していました。連日の雨の影響でしょう。よく湿った草と土の間にはムカデくん …

秋の夜長に干物を肴にニヤニヤする

島に暮らし始めて移ろう季節を肌と舌で感じるようになりました。 季節によって風向きや太陽の登り方、夕日の落ちる位置が変わってくるんですね。あまり意識してこなかったけれど、おもしろいものですね。 海に囲ま …

昔ながらの知恵がつまった伝承農法に興味あり。

春になって、畑にいることが多くなりました。 もぐモグの玉ねぎやジャガイモの草取り。 トマトやキュウリの苗をうえたり。 島の方から、里芋の種イモを分けてもらって植えたり。 いつも真面目に畑に取り組んでい …

ドラム缶でピザ窯をつくって食らう!

アウトドア好きや、田舎暮らしを愛する人にとって、石窯パンや石窯ピッツァに対する憧れや情熱は普通の人より多いように感じます。僕も例外ではありません。作りたいな〜。食べたいな〜と思ってインターネット検索す …

【虫シリーズ】小枝だよ。小枝じゃないよ。なんでしょな?

山口県にあるキャンプ場のんびらんどうましまは現在最盛期を迎えています。 連日様々なお客さんが馬島に来てくれます。 こちらはキャンプ場の炊飯棟。 毎朝そうじをしているのですが、タライの裏を覗くと…おや? …



最新情報をツイートしてます。

アーカイブ