ボラの珍味はカラスミだけではありません。その名はウス!

先日の記事でお伝えしたように、馬島周辺でとれるボラは寒ボラとよばれ、とっても美味しいんです。

一般に流通していない魅力的なボラにはさらに魅力的なある部位が存在します。
その名は、ウス!(前回の記事ではコマと書いてしまいましたが、間違いです。正しくはウス)
ボラのような飛ぶ魚にはこの部位があるらしいです。鶏でいうと砂肝のようなこの部位は食べたものをすりつぶす機能を持っているそうです。この部位は分厚い筋肉のような感じで、食べると歯ごたえが独特でコリコリとした食感が楽しめます。
見た目はこのような感じです。

※少しグロいので注意してくださいね。

 

 

 

IMG_5168

切ると砂などが出てくるのでそれをきれいに洗って調理します。好きな人はお刺身でもいただくようです。

僕はアラと一緒に炊いてボラ大根にします。

先日の記事では寒ボラのお刺身の写真を載せていなかったでこちらに載せておきます。

身は歯ごたえのある白身で、血合いが鮮やかな赤色をしているのが特徴です。

IMG_5171

はっきり言ってうまいです。

天下の三大珍味 「からすみ」 お試しセット メール便配送


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です